みんなの広場ぶらり
ゆめプラザ
ICTプロジェクトみらいたよりみらいプロジェクト
の歩み
オープニングムービー
(手のひらを太陽に)

オープニングムービーの著作権は
東京大学高齢社会総合研究機構
が所有します
 
各グループの活動予定

各グループの活動予定(コロナ禍での地域活動)

場所:ふるさとセンター活動予定案内案内のバックナンバー
みんなの広場
(最新の開催案内)
おしゃべり広場7月25日 14時~15時  2022年1月~6月 

 
2021年4月~12月  
絵手紙7月21日(木)10時~11時30分
小倉百人一首の会8月1日(月)、15日 10時~11時30分
ICT
プロジェクト
スマホ教室8月12日(金) 13時~15時30分
8月30日(火) 13時~15時30分
オンライン国際交流第1・第3水曜午後開催

みんなの広場:気軽に集う交流会

        みんなの広場 各種催し

   ・ みんなのカフェ    

    ・ 脳トレドリル・ラダー 

    ・ 絵手紙・折り紙   

  ・ クラフトワーク・編み物 

小倉百人一首の集い
  毎月第1・第3・月曜10:00~

・ コロナ禍の百人一首の会  

   ・ 
百人一首のゲームを楽しむ (2020/2)

ぶらりゆめプラザ:みんなのイベント

布施新町の住民が気軽に集い、高齢者の交流・小学生親子との世代間交流を広める楽しいイベントです
(コロナ禍では休止が続いています)

みらいプロジェクト催し
体験イベント

< みんなで一緒に催し体験>

     ・ スイカ割り 

音楽を楽しむ集い

・ One Coin Jazz Live   

ICT(情報・通信技術)プロジェクト

スマートフォン・パソコンの普及をはかり、布施新町住民がオンライン交流に慣れ親しみ、楽しい地域活動を促進するプロジェクトです
東京大学高齢社会総合研究機構(IOG)が中心となって推進する高齢化社会での ICT(情報・通信技術)活用プロジェクトを布施新町でモデル事業として導入します。

布施新町 ICT プロジェクトではすでに推進してきた“スマートフォン教室”、“外国人日本語学生とのオンライン交流”に加えて、スマートフォンLineアプリを利用した『布施新町情報ネットワーク』を構築します。布施新町住民が町会、各種ボランティアグループ、地域で活動する趣味・運動グループと気軽につながり、交流するいきいきとした明るいまちづくりを目指します。

みらいたより:みらいプロジェクトの活動と布施新町を結ぶ広報誌

みらいプロジェクトの活動を布施新町住民の皆様にいち早く伝え、まちづくり活動を
共有するための情報誌として不定期に発行しています。
布施新町での活動、催しなども紹介し明るく住みよいまちの推進に努めます。

最新号

みらいたより バックナンバー 見出し

発行番号(ページ数)発行日特集項目
第12号(2)
第11号(4)
2021年 7月 1日
2021年 1月20日
2021年度みらいプロジェクト活動計画
布施新町における暮らしと交流についての調査
第10号(2)2020年 7月25日熱中症対策:環境省熱中症情報ホームページより
第9号(2)2019年 7月20日2019年みらいプロジェクト活動計画
第8号(2)
第7号(2)
第6号(2)
第5号(2)
第4号(2)
2018年11月15日
2018年 9月15日
2018年 6月25日
2018年 4月15日
2018年 2月15日
ぶらりゆめプラザの(12月1日開催)案内
ぶらりゆめプラザ(8月19日開催)報告
ぶらりゆめプラザ(6月9日開催)報告
インタビュー!隣のお庭紹介
地域のいいもの地図!? 作成に挑戦
第3号(2)
第2号(2)
第1号(4)
2017年 9月   
2017年 7月15日
2017年 6月 6日
布施新町ITお助け隊発足‼
イベント“みらいひろば”(6月18日)報告
“布施新町暮らしに関するアンケート“報告

みらいプロジェクトの歩み 

1.2016年5月

東京大学高齢者総合研究機構(IOG)(秋山特任教授他)、セカンドライフファクトリー(矢冨理事長他)と布施新町いきいきネットワーク運営委員との会議でIOGから『超高齢化社会に対応した新しいコミュニティーつくり』を布施新町で試みたいとの提案を受ける

  布施新町プロジェクトの事業とその目標

  1. 認知症予防・虚弱予防、見守り・生活支援をユニットとして統合的に事業を実施する
  2. 事業を行う住民組織(又は連携しあう組織)を作る
        ⇒拡大いきいきネットワーク:60才台、女性の参加を募る
  3. 住民組織と外部事業者、および柏市の事業との連携を図る仕組みを作る
  4. インターネット、スマホ、電話などのICTを活用した情報共有の仕組みを作る
  5. 既存の施設を利用して、あるいは新規に事務所・拠点を作る
  6. 就労支援については、認知症予防・虚弱予防、見守り・生活支援を進める上での就労支援を実施する。また農業分野を含めた柏市全体を想定した就労支援事業を実施する

2.2016年12月 

  • IOGと布施新町いきいきネットワーク役員及び町民有志で、『布施新町みらいプロジェクト』 を発足。
  • 『布施新町みらいプロジェクト』は、布施新町自治会・三井柏自治会・富勢地区ふるさと協議会の役員会に活動計画を説明。
    説明資料:布施新町自治会、三井柏自治会

3.2017年3/4月

4.2017年6月 

5.2018年3月 

  • 東京大学高齢者総合研究機構との協同事業プロジェクトが終了。

6. 2018年4月

  • 布施新町のまちづくりボランティア活動団体『布施新町いきいきネットワーク』の傘下のグループとして活動を継続する。
  • 東京大学高齢者総合研究機構のまちづくり活動の指導と、柏市社会福祉協議会からの 「地域課題解決助成金」の支援を受け、超高齢社会での全世代参加のまちづくり活動を継続する。

 資料集ーみらいプロジェクトの歩み